カルバトールは熱性けいれんやてんかんの治療薬

熱性けいれんは6か月から5歳くらいまでの乳幼児が38度以上の発熱がある時に起こる一時的なけいれんや意識障害です。
症状としては突然体が硬くなり手足が震え呼吸が荒く不規則になり意識がなくなります。ひきつけと同様の症状がおこります。
熱性けいれんは5分位このような症状が続きますがすぐに普段と変わらぬ状態にもどり眠ります。高熱時に意識がはっきりしない状態も熱性けいれんの症状です。
熱性けいれんは乳幼児に起こる症状ですが成長とともに熱に対する抵抗力が高まりけいれんを起こす事が少なくなります。
個人差があるのですべての乳幼児にあてはまる事ではありません。体質は遺伝する事が多く親や兄弟に熱性けいれんがある場合は可能性が高くなります。
てんかんは脳から異常な電流がでてけいれんや意識障害がおこります。てんかんは発熱が原因でも起こる事がありますから熱が低い時でもけいれんを起こしたりてんかんの回数が多い時には注意が必要です。
カルバトールはてんかんの発作やてんかんによる精神症状の治療薬として使われています。
年齢や症状により服用量が異なりますから医師の指示通りに服用し服用量も守る事が大事です。
カルバトールは即効性がなく効果がでるまでに時間がかかります。自己判断で途中でやめると症状が悪化する事もあるので必ず医師の指示に従うことが必要です。
カルバトールにはめまいや眠け、脱力感、頭痛などの副作用もあります。カルバトールはジェネリック医薬品なので安価に購入できるメリットがあります。
主成分は正規品と同じなので同様の効果があります。
日本ではカルバトールを処方してもらう事ができないので使用する時には通販サイトから購入する必要があります。